茨城県取手市占い・対面鑑定・占い講座・タロット・霊視・恋札

開発記録

2016年 春 : 恋愛専門カードの第一弾の開発を開始

大カテゴリ, 中カテゴリ, エレメント, 中カテゴリ(影響度), 中カテゴリ(数字)が存在していた。
2016年 夏 : 第二段の開発。手書きの札をラミネートしたものをしばらくは使っていました。14枚。数字あり。3枚引きではなく、3〜5枚で鑑定しておりました。正逆の採用あり。数字を年月日に置き換えて鑑定を試す。

 

2016年 秋 :  第三段の開発 part1。第二段の数字を廃止し、3枚引きオンリーにする。正逆の採用をやめる。数字は的中しないことが多かったこと、14枚という数は何にも当てはまらない(占星術・数秘・カバラ・・等)ので、廃止。

2016年 冬:gird様へイラスト制作依頼。

2017年 春 :  札販売開始。第三段の開発 part2。正逆の採用をする。

第三段の開発 part2までの対人実験回数:800回程
第二段までは無料での実験をcoconalaや個人で10〜20名/1日。
第三段 part1は徐々に鑑定のサポートツールとして採用。一部無料でも実験は続く。
第三段 part2では実験を終了。鑑定へ正式に採用する。